« 心臓内科と小児科受診 | トップページ | 夏祭り 前編 »

動脈管開存

心臓内科の定期受診

半年ごとの受診が4ヶ月ごとの短いサイクルになったんやけど、それは10ヶ月前の定期受診で 動脈管開存 が見付かったから

もともと赤ちゃんは、ママのオナカの中に居る時は、この動脈管って管が開いてるんやってshine

胎盤から酸素の入った血液が送られてきてるのが、生まれたら自分の肺で血液に酸素取り入れるようになって循環が変わるから、生後1〜2日くらいで動脈管は必要がなくなって自然に閉じちゃうらしいんやけどshine

それが開いたまんまになっちゃってるっていう心臓の病気shineshine

動脈管が開いてると、心臓から肺への血液が流れ過ぎて、肺に負担がかかって、心不全みたいな状態になったりとかdown

動脈管の太さが太い程、流れる血量が多くなって負担がかかるらしいんやけどdowndown

ふうチャンの場合、2mmくらいで、太くはないけど細くもない

で、全く負担にはなってないらしいshineshine
(*´д`*)

けど、そのまま ほっといて良いって太さでもないらしいので、動脈管をコイルで閉じる処置を 急ぎはしないけど いづれしましょうね〜って話shine

心臓内科の先生が京都の大学病院から来てはる先生やから、京都の大学病院で4日程入院しての処置になるそうです

循環器病棟やから、患者以外の小児の立ち入りは厳禁ngpaper
(血液の病気の患者さんとかもいらっしゃるので)
のんチャン 置いていかんなんし、ふうチャンに負担がなくて急がへんねんたら、のんチャンが保育所行ってからかな。。。

前回、少し肥大してるimpactって言われてた心臓の大きさも、今回は逆に小さくレントゲンに映ってたらしくってshine

謎ぉ〜typhoon

まぁ、ふうチャンが しんどくないならOKですshine
(*´д`*)

« 心臓内科と小児科受診 | トップページ | 夏祭り 前編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心臓内科と小児科受診 | トップページ | 夏祭り 前編 »