« チューブ入れちゃいました☆ | トップページ | お散歩 »

再び市役所詣

前に相談していた特別児童手当の申請書を出しにカッチャンと市役所へ。【難聴】で診断書を書いて貰っての提出。認可されるかどうかの結果は3月末頃になるらしい。

在宅するにあたって何か利用出来る制度があるのか。また、前回は身障者手帳は3歳以上からと言われて直接担当部署に聞かずに凹んで帰っちゃったけど、どういった基準をクリアすれば申請出来るのか等を聞いておこうと思って窓口へ。

ここでも、スゴク丁寧に親身になって話を聞いて説明してくださった。役所での対応が一番憤りを感じる・ケンカするくらいの気持ちでいきなさい…など色々聞いたりするのでチョット拍子抜け。(たまたま当たり☆やったんかな?)

やっぱり乳児の段階では成長過程にあるので認定は難しい事。だいたい1歳くらいで障害が確定するあたりからの申請が多い事。(3歳からじゃないんや!)ふうちゃんが今後利用・申請出来そうな制度の事。など

『少し先の話しになるかもしれませんが、こういった事が利用出来るというのを知っておいて貰った方が不安も和らぐでしょうしね』

はい。その通り。

乳児の間のサポートや相談は別の課でして貰えるとの事で、ふうちゃんを担当してくださってる保健師さんは外出中らしいが話しを聞きに行く。が、着いたらチョウド担当の保健師さんが外出先から戻って来られた。なんでも、今まで ふうちゃんの病院に行って担当の看護師さん達と話しをして来てくださったらしい。チョウド入れ違いだったのね☆

挨拶させて貰って色々お話しを伺う。訪問看護など在宅にあたって利用出来るサービスや制度。医療器具などで補助が使えるようなものがあるかどうか。(今んとこナシ)その他もろもろ。。。 身障者手帳や在宅での制度について別の課で話しを聞いてきた。と話すと

『私達が動いてますので、今のところは お父さんとお母さんには何もして貰わなくても結構ですよ。』

との事。お願い出来る事・お任せ出来る事はどんどんお願いしたいのですが、でも丸っきり全部お任せってのでは何が分からないのかすら分からなくなりそうで、自分達でもチャント調べて知っておきたくて…。

注入や吸引など、お世話大変でしょ。と言われたので、今日 鼻から胃にチューブを通すのをやってきた☆と話したら

『いやぁ〜、私には絶対無理やわぁ!』

でしょ!?うちも最初は、そんなん絶対無理★って思ってましたもんっ☆けど何回か見てたら慣れるのと、やってみたら意外と簡単やし、てか、やらないと死んじゃうんですよ、うちの子♪

« チューブ入れちゃいました☆ | トップページ | お散歩 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。